【Nomad Sculpt】チューブ機能で眉毛を作る

雑談

今回も、昨日と同じものを使っているように見せかけて、実はこっちのほうが古かったり。

作ってみて手直しはどうしても発生するのですが、キャプチャーやら操作動画とっていなかったりするのでこうなります。

眉毛作ってから顔の造形したほうがやりやすいのではないかと思ったのが、これをやってから。

なので、この後顔そのものに手が入ったりしています。

※注意:現在2021年8月時点の私が使っているNomadSculptはv1.56、androidアプリとなっています。



眉毛を配置する

※今回は眉毛を作成なので、ちゃんとミラーできるのかの設定は確認済みです。
ミラーの必要がある場合はミラー設定ができているか確認を。
※確認方法は以下より

【Nomad Sculpt】マスク機能とペイント機能で目の色をつける

まず、Tubeを選択。

Pathをおくので、そちらを選択します。
後はおおよその場所にPathを置く。

細かい位置調整を行った後、左上にある緑の丸を二回タップすると、以下のようにオブジェクトが生成されます。

眉毛を調整する

Pathの位置を調整して、上記形にしました。
眉毛の太さを調整したい。白いPathの点の上に黄色い点、あれで調整がかのうです。

しかし初期状態だと黄色の点は一番最初のPathにあるだけ。これでは調整がうまくいかないので、すべてのPathの調整ができるようにします。

赤丸のところにあるRadiusを複数回タップすることですべてのPathに黄色い点が生まれます。

これで最終調整を行えばOK。

おまけ 眉毛の色を塗る

①Paintを選んで
②色を選んで
③Paint All

眉毛ってやっぱり顔のイメージ変えちゃうのね。
で、瞳の色がうーんということで、この後直しています。