【Blender2.9】ミラーがうまくできない時の確認

原点とオブジェクトの位置、この二つ確認

本当に何度もはまった。

重要なのは、ミラーは原点!あること。

なので、ミラーがうまくできない時は「そのミラーはどれを基準にしているか」で確認が違う。

そもそも原点はどれ?


「orijins」で表示されるオレンジ色の点。

ちなみに「orijins(all)」すると、すべてのオブジェクトの原点が表示される。(選択していないオブジェクトは白い点で表示)



ミラー基準となるオブジェクトがない

なら、ミラー対象そのもののカーソルと原点をミラーになってほしい軸にそろえる

カーソルをworldの原点において、そこでミラーをするとしましょう。

なら、カーソル(赤白の枠っぽいやつ)をworld orijinに移動さえる。

その後、オブジェクトの原点(orijin)をカーソルの位置に移動させる。下のgifの様に、原点が移動した瞬間にミラーができるのがわかる。

ミラー基準となるオブジェクトがある

Cubeを追加。人型モデルを基準にミラーしたい。なら、基準となるモデルの位置を整える

と、上の図のようにずれる。

ここで怪しいのは、ミラーオブジェクトである人型のオブジェクト。なので、人型オブジェクトを選択し、Transformを確認する。

では、配置を直していく。

対象となるオブジェクトを選択し、objectからApplyのLocationとRotationをそれぞれ実行。(ショートカットだと、Ctrl + Aで出る)

※上のgifは容量の剣でLocationしか実施していません。

ミラーオブジェクトの配置が直ったことで、ミラーしようとしたCubeも直っていることが確認できる。

※LocationとRotationがすべて0になっている。