【Blender2.9】リトポロジーの準備

リトポロジー

スカルプトのハイポリゴンのままだと、おもすぎるのでポリゴンを削る。
その作業として、リトポロジーをする。

私のための手順書となります。
なお、Blender2.91です。

そもそもリトポロジーとは

トポロジー : 図形と図形の空間的な位置関係を管理するモデルまたは機能
(位相幾何学と訳されることが多いらしい。)

ということで、リトポロジーとは、既存のモデルの構成を作り直すこと。
別にスカルプト後のポリゴン削るだけを指しているわけではない。

Blenderでリトポロジーの準備

ベースのPlane追加

Shift + A で Mesu → Plane 追加。この子がベース。

ModifierでMirrorを設定しておく。※このオブジェクトの場合、AxisはX軸。
Mirror起点はリトポロジー対象のObjectを設定しておく。
Clippingもオンにしておく。

SnapをOn

メニューのすぐ下にある磁石マークをOn。faceを選んでおく。

これをやっておいて、面を追加したら以下ができる。
※下にひっぱったら鼻の形に添って追従してくれる。




無料AddOnの「BSURFACES GPL EDITION」を利用する

そんなに楽になるかといわれると、そうでもなかった。
ちょっと期待しすぎたのかも?

① BSURFACES GPL EDITION をオン

※一度設定すればOK
Edit → Preference → 検索で bsuface チェックを入れてOnにする。

② Annotationを表示させる

BSURFACES GPL EDITIONはAnnotation(手書き注釈)を利用して面を追加していくので、Onにしておかないといけない。
左上のViewpoint OverlaysからAnnotationをOnする。

③ Annotationをモデルの上に表示させる。

Annotationを選択 右のToolから Active ToolのPlacementをSarfaceに設定。
※これよく忘れる。

④ やってた時の注意1 開始点を選択してからAnnotationを描かないといけない

やる順番として、

上の図で赤で囲んだ、起点なるものが必要。
次にsurfaceを追加したい方向でannotationを描く。
右にある、「Edit」からBsurfaceの真ん中にある「Add Surface」を追うかすることでサーフェスが追加される。

フツーにAnnotationなくで、点選んでeで追加していくのと体感あまり変わりなかった。

⑤ やってた時の注意2 失敗したAnnotationはEasarで地味に消さないといけない

失敗した時面倒くさい。

途中結果物