【Nomad Sculpt】タブレッドで本格スカルプト

Nomad Sculpt

存在を知ったのも割と最近。

たまたまTwitterに流れてきたから。
そこから3dnchuさんの記事で詳細を知りました。

Nomad Sculpt – タブレットやモバイル端末で本格3Dスカルプトが可能!iOS&Android向けアプリが登場!

使ってみた感想

スカルプトめちゃくちゃもっちり
※もっさりではない

我が低スペックパソコンでのblenderスカルプトよりはるかに粘土をごねごねしている感じをタブレットで感じ取れる!

今まで使ったことのある3Dツールなら、
blenderとZBrushと十年(?!)ほど前にLightwave3dくらいですが、
(lightwaveではスカルプトはしたことがないので、どんなものかはわからないから比較できない)

どちらかというと、Zbrushに似た感触。
(とはいえZbrush触ってみたのも何年か前の話なので…)

タブレットでここまで滑らかにスカルプトできるとは驚き。

1600円なのですが、この値段でよかったのかと思うレベル。



結果物

Twitterでは進捗を乗せるようにしているので、そこから。

まずblenderで作成した△ポリゴン1,627,360個のモデルだと、これ以上のスカルプトは私のパソコンでは不可能。
これが、nomad sculptではさらに細かくしてスカルプトができます。

初めから顔だけスカルプトしていて体なしの状態にしていたら、blenderでもさらにスカルプトできた可能性は無きにしも非ず。

blenderとnomad scultでのモデル表示

※blenderにおけるViewのFocal Lengthは150mmです。
blender側はライト設定をしていないので、こんな感じなのかな?

両方ともsubdivisionは設定していない。

使っているタブレットのスペック

iphone5以降、android端末を利用しているためタブレットもandroid端末です。

サムスンのGalaxyタブS6 lite
※liteでもスカルプトには全く問題なし。
がくがくすることもなく、今のところアプリが落ちたこともありません。