【Modeling】いったんモデリング終了。これを踏まえて作品化する!

うちのイケメン(ただし超巨人)

ボロ雑巾着ているけど、それなりにイケメンなので満足。

ここまででそれなりに得られるものは多かったので、ここでいったん終了し作品レベルに仕上げるモデルに変えていきます。

後で別記事で深堀していきますが、この時点で一度振り返り。

1.最初のスカルプト終わればサイズを確認しよう

最初のShapeから何も考えずただごねごねしていろいろ作り出した我が子。

なんと身長、22.4m。いや、私の想定はせいぜい185cmくらいだった。

しかし、この子が超巨人と気づいたのは、simpleClothで服作るとき。リトポロジ開始時点では一度気づきたかったw

すぐ隣にメジャーがずっと待機してくれているのに!一度くらい使ってもよいだろうに!!

2.服着てる時と脱いでいる時のイメージが違う

 

上着を着ていない状態だと、細身だけどそれでもまぁって感じだった。

でも着せてみるとなんかすごく細身。これは後でスカルプトで直す。

ちょっと想定よりゴリラしたほうが、服まで来た結果きれいな気がする。

後は想定はしていたけど、スカルプトではちゃんとあった腹筋がかなり薄くなってしまった。

3.早い段階でマテリアル設定して、確認してみる

 

※左はrender preview 右は material preview。

なんとなく頭に、テクスチャとライトは一番最後というイメージがあって色なしで進めていたら面白くなくつけてみただけどそれが良かった。

この状態から、上の状態になるまではマテリアル付けてから。

4.原点!!!原点!!!!忘れるな原点!!!

ミラー失敗はほぼこいつのせい!そしていろいろこいつのせい!

ええ!ちゃんと確認せず進めた私が一番悪いんだけどさ!

これは雑談

今回で一番苦労したのが、目と手。

目は二重でイメージが変わるのにもっと暗い雰囲気の目にしたかったものが、どう頑張ってもただの青年。

ここは研究しようと思っている。